小口配送、クロスドッキング、長距離輸送Sohgo-TruckSohgo-Truckサービス会社紹介ネットワークお問合せ

だいちゃん Diary

トップ » だいちゃん Diary

ヨーカドー閉店で考えたこと

[17.06.05]

新浦安駅から徒歩20分、マンション群の真ん中に位置していたイトーヨーカドーが業績不振で5月に閉店した。閉店して1週間経過したが、徒歩圏内のスーパーが無くなり、自分達を買物難民と嘆いている。

10年位前にセブンアイの元役員から少数でお話を聞く機会があった。戦後の商店街と百貨店しか存在しなかった時代から65年間の流通業界の栄枯盛衰を、データーをもとに説明してくれた。話の中で特に印象に残ったのは、この時点で既に家電量販店とスーパーが衰退業態として分類されていたことだ。セブンアイグループにはコンビニとスーパーの二つの業態があり、高収益で成長段階にあるコンビニが脚光と浴び、低成長のスーパーには力が入らなくなる。経営陣のこの割り切りが、イトーヨーカ堂を魅力ないものにしてしまったと思ている。現に私自身がイトーヨーカ堂にいってもワクワクはない。
400円以下の職場の弁当は空腹を満たす物であって美味しさを期待すべきではないとの意見を聞いたことがある。これをスーパーの置き換えると、生きていく為の食材や衣類や雑貨を提供する場ということになる。でもヤオコーの様に増収増益を続けているスーパーもある。私もたまに足を運ぶが、陳列さてている商品を見ているだけで楽しくなってくる。

物流業も似ている気がする。成長がない業界と思った時点で、工夫や努力をしなくなる。知り合いでどんどん業績を伸ばしている運送会社をいくつも知っているが、彼らに共通していることは比較的若い経営者で今がチャンスと思って行動して、仕事を楽しんでいる。楽しんで仕事をしている姿は荷主にも感じとってもらえていると思う。

ヨーカドー閉店で考えたこと



取り扱い品

鋼材 丸鋼 鋼管パイプ 鋼板(薄板・厚板・敷板) フラットバー C型チャンネル H鋼 アングル 溝型鋼 異型パイプ 線材 レール Iビーム 異型丸棒 ガス管 山形鋼 パンチングメタル 薄板平鋼 インゴット スリットコイル 建築資材 木材 サイディング フェンス 屋根材 グレーチング ガードレール マンホール 床板 塩ビ管 石材 建設足場 ラス アルミ押出材 金型 エクステリア ガーデニング品 スクリーン 健康器具 通信ケーブル 通信管 避雷針 絨毯 太陽光パネル 一般雑貨 自動車部品 長尺モノ 長物 長もの パレット物 重量物 路線便では割高になる個数物 クレーン降しの商品 2t車以下の少量

混載の集荷・配送エリア

北海道地区:北海道
東北地区: 福島県 宮城県 
関東地区: 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 群馬県 栃木県
中部地区: 静岡県 愛知県 岐阜県 山梨県 長野県
近畿地区: 大阪府 京都府 滋賀県 兵庫県  和歌山県 三重県 奈良県 
中国地区: 岡山県 広島県
四国地区: 徳島県 香川県
九州地区: 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県