小口配送、クロスドッキング、長距離輸送Sohgo-TruckSohgo-Truckサービス会社紹介ネットワークお問合せ

だいちゃん Diary

トップ » Communication

「商売人は人前で話すな」

[14.08.11]

「商売人は人前で話すな」は先輩経営者からの教訓である。社長が人前で能書きを話す様になったら数年後にはその会社が無くなっていると言う多くの事例からである。

が、また掟破りをしてしまった。名古屋で開かれた物流会社を対象にした物流セミナーで、お題は「パートナービジネス」の90分の講演である。

でも言い訳がましいが、人前で話すとなると周到に講演の事前準備をする。聞いていただいた方には申し訳ないが、この切羽詰った準備の為の時間が、私にとっては一番の財産である。

「商売人は人前で話すな」

運転教育と家庭

[14.07.23]

今年の夏に20歳の長男が教習所に通う。
学生で時間が自由になる夏休みに経験を積むと言う理由で、昨年は運転免許取得かアルバイトの二択を迫った。彼はお金になるコンビニのアルバイトを選択し、12月まで週二回夜働いていた。今年の夏は運転免許になった。若者の車離れが言われているが、息子も例外でなく運転にはまったく興味がない様だ。

我が家では運転免許を取った時、父親による最終路上試験がルール付けられていた。兄も姉もその路上試験を受けたが、姉はその試験をなかなかクリアーできずに、何度も父の厳しい指導を受けた。試験に合格すると、最終トレーニングだ。一つは走行中にサイドブレーキで停止させることと、力の限りでフットブレーキを踏むこと。特に急ブレーキは何度も駄目だしが出た、教習所では柔らかくブレーキを踏む事を教わってきたので強く踏み込めない。父親には、運転は家庭教育の一環であると言う明確なポリシーが有った。又、尋常でない場面に遭遇した時の対処方法を体で覚えさせるという事だ。自転車と同様に一度体が覚えると、何十年経過しても体は覚えていると言うのが父の持論だ。私自身その急ブレーキのトレーニングのお陰で実際に何度か救われたことがある。

息子が免許を取得したら、同様のトレーニングをするつもりだ。これで親子三代によって引き継がれる。
上海で経験したことだ街中の運転がかなり荒い、彼らの多くが運転第一世代だと思う。

運転教育と家庭

平均年齢

[14.06.19]

ドライバー不足は数年後には確実に深刻になる。少子高齢化や若者の車離れに加え、現在の運送会社の現役ドライバーの高齢化で、これから10年で大量のドライバーが退社していくから。

路線バスや運送会社の入り口など、運転手募集の広告も目に留まることが多くなってきた。総合トラックには22名のドライバーが在籍している。10年前はボトムで5名のドライバーだったが、小口混載の仕事をする様になって、毎年2名ペースで運転手を増やしている。

平均年齢が気になって調べてみたら44歳であった。20歳~65歳が働ける期間とすると丁度中間地点が42歳なので、ほぼ平均的である。調べてみて嬉しかったのは、年齢がきれいにバラケテいることである。写真の右列は年齢で、水色の枠の数字は入社序列である。

平均年齢

現場にあるクラウド

[14.05.25]

長尺物の混載ては、配送先の情報は現場の運転手の中になる。
インターネットのクラウドと似ている。
配送先の必要な情報、何時から荷下ろし可能か、降し先はクレーンかフォークか。
降し先でトラックの積位置も異なる。前に積むのか、右に積むのか左側に積むのか。そんな情報が積込みの約2時間の中で、運転手同士でどこからとなく共有され情報交換されていく。14年目の蓄積ではあるが、情報共有においては新人とベテランとの差もない。一ドライバーにとっては、約三割の届け先は初めて配送する所なので。日々更新されていく。

現場にあるクラウド

家族的経営

[14.05.06]

浜松湖西市にある入出運送の鈴木社長とは親しくさせてもらっている。
5月の連休に会社に打合せにいくと、一部の幹部社員は休みの落ち着いた中で仕事をしにきていた。我々が食堂で打合せしていると、作業着姿の年配のご夫婦が表れた。麦藁帽をかぶり近所の農家の方と思いきや、よく見ると鈴木社長のご両親である。休みの時に会社の周りの草むしりに来られていた。200名近い社員規模と大きな倉庫やその敷地、夫婦二人できれいにできる範囲ではないと思うのだがやはり雑草が気になるのである。休みあけに社員が出社しても、雑草がきれいに処理されたことはたぶん気付かないかもしれない。私はこんなことが家族経営の良さだと思う。

家族が生計の為に仕事をするのが家族経営、でもオーナーやオーナー家族は勿論、そこで働く社員も第二の我が家の様に会社が落ちつく場であっったら、家族的経営が存在していると思う。当社にも休みにきている社員が数名いる。会社にいついている猫が気になったり、会社の花壇の水やりが気になったり、ゆっくり洗車する為にきたり目的はマチマチ。誰もいない会社には何か魅力があり、帰り際には墓参りの後の様な爽快感さえ感じる。

家族的経営家族的経営

年末の挨拶

[13.12.28]

配車係りの川端君がパソコンをみて一人でニタニタと喜んでいるので理由を聞いたら
お客様から以下の様なメールを、年末の挨拶でもらっていた。
/////////////////////////////////////////////////////////////
いつも お世話になります。
今年一 年大変お世話になりました。
数々の ピンチを川端さんのおかげで乗り切る事ができました。
特に11月の〇〇向けの4t平車2台を手配して頂いたのはとても助かりました。
いま付き合っている運送会社さんの中でも御社の配車能力は一番です。
来年も 色々と無理をお願いするかと思いますがよろしくお願いいたします。
では川端様も良いお年をお迎えください。

年末の挨拶

2014年の抱負

[13.12.27]

12月の最終週に運送会社の経営者仲間(大阪・名古屋・浜松・東京)が福井に集合して一泊泊まり、2014年の抱負を語り合う。福井には我々が共通してお願いしているデザイナーの宗倉さんがいる。移動中の車内も仕事の話で盛り上がり話題が途切れない。私は2014年の抱負として、長尺物の積み合せの配送エリアの拡大と車輌台数の増加を掲げた。

2014年の抱負

監視カメラ

[13.09.19]

監視カメラをリニューアル。
画像をサーバーで飛ばして携帯電話と連動しており、簡単に何処からでも事業所の置き場が見られる。画素数も高くなり、夜間の認識度も高まった。
先日の連休を襲った台風の時も自宅から現場の様子を見ることができ、安心して休むことができた。

監視カメラ

梶哲商店 60周年②

[13.09.15]

総合トラックの母体となったのは梶哲商店在籍のドライバーと車輌だった。昭和50年代は運送業が許認可の時代で、なかなか新免許意はおりなかった。免許取得後はすぐさま運転手を総合トラックに移籍し営業ナンバー全車両を切りかえた。
梶哲商店の父親が経営していた時代は、在籍の20名位の運転手に対してかなり厳しかった。2運転手は軍隊方式で接しており、作業中のヘルメット着用について議論になったことがあった。作業に取り掛かる時ヘルメットをかぶるのか、運転台からを降りる時かである。徹底させる為に父親の下した結論は議論の余地がなく、就業時間中は全てで運転中でもヘルメット着用を義務付けた。営業や経理以外のスタッフは事務所の中でもヘルメット着用で、今私の後頭部の髪が少し薄いのもその時の影響かもしれない。見方によっては暴君だが、100%のヘルメットの着用は達成できた。ヘルメットをとった時の社員の顔はなかなか見ることはなく、髪の毛が見えない分だけ年齢が解りづらく結構全員若くみえた。

梶哲商店 60周年②

グランドルール2011

[13.09.05]

2年経過しても掲示する必要があるグランドルール。
たまにやってしまうのが、会社名の呼び捨てである。

グランドルール2011



取り扱い品

鋼材 丸鋼 鋼管パイプ 鋼板(薄板・厚板・敷板) フラットバー C型チャンネル H鋼 アングル 溝型鋼 異型パイプ 線材 レール Iビーム 異型丸棒 ガス管 山形鋼 パンチングメタル 薄板平鋼 インゴット スリットコイル 建築資材 木材 サイディング フェンス 屋根材 グレーチング ガードレール マンホール 床板 塩ビ管 石材 建設足場 ラス アルミ押出材 金型 エクステリア ガーデニング品 スクリーン 健康器具 通信ケーブル 通信管 避雷針 絨毯 太陽光パネル 一般雑貨 自動車部品 長尺モノ 長物 長もの パレット物 重量物 路線便では割高になる個数物 クレーン降しの商品 2t車以下の少量

混載の集荷・配送エリア

北海道地区:北海道
東北地区: 福島県 宮城県 
関東地区: 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 群馬県 栃木県
中部地区: 静岡県 愛知県 岐阜県 山梨県 長野県
近畿地区: 大阪府 京都府 滋賀県 兵庫県  和歌山県 三重県 奈良県 
中国地区: 岡山県 広島県
四国地区: 徳島県 香川県
九州地区: 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県