小口配送、クロスドッキング、長距離輸送Sohgo-TruckSohgo-Truckサービス会社紹介ネットワークお問合せ

だいちゃん Diary

トップ » だいちゃん Diary

プロ

[06.02.19]

大手メーカーの物流に携わる企業の現場を見せてもらう。
 
ヘルメット+安全靴+足カバーの着用、構内での指先確認、車両の歯止め、転落防止の安全帯の着用等、安全対策とその実施レベルがすばらしい。
 
同業として恥ずかしくも、プロを感じ、衝撃を受けた。今までの「他がしていないから、しなくても良いだろう」の自分自身の甘えの発想を恥ずかしく感じた。
 
特殊技能でなく難しいことでもない、でも「誰でも出来ること」が出来ていない現実の中、「誰でも出来ること」の継続が絶対差になる実態を見せてもらった。

 
(写真: 新里氏と床の清掃、机上にあげたイスの足が幾何学的。)

プロ

戦略手帳

[06.02.05]

大榮の吉田社長の力作「戦略手帳」を贈呈される。営業ツールである。
 
関西の大榮ではお客様と接する幹部には支給済みで、関東向けに吉田社長がアレンジし作ってくれたもの。縦長のシステム手帳に全ての必要な情報が盛り込まれている。3拠点のメタル便料金表、長距離料金表、路線運賃等で24ページ、そして主要都道府県の地図。手帳サイズにしたことにも意味がある、プロらしい。
 
力作の手帳をしみじみと手にすると、吉田氏の仕事に真面目に打込む姿勢が見えてくる。
 
6万社ある運送会社でこんな手帳を作れる人間が何人いるだろう。

戦略手帳

原油価格

[06.02.04]

銀行のセミナーで原油と価格動向についての講演を聞く(以下要約)。
 
日本の一次エネルギー消費の内訳、石油50%、石炭18%、天然ガス14%、原子力13%。
 

世界の年間消費量の25%はアメリカ、日本は7%弱。問題は産出量-消費量、年間80(単位:百万バーレル)産出消費される内、主要各国の収支はOPEC+24、ロシア+7に対して、アメリカ-13、独仏伊-6、日本-5、中国-3。 世界中の需要と供給のバランス調整役(スイングプロデューサー)はOPEC諸国。
 

ここ数年の原油価格高騰の要因は ①中国・インドの需要増大 ②原油開発投資の遅れ ③新規油田やイラクの混乱等による原油生産余力の減少 ④精製設備の不足 ⑤中東のテロリスク ⑥投機資金の流入。
 
今後の原油価格は、短期的にはアップダウンを繰り返しながら、長期的にはタイトで穏やかな上昇傾向。
 
バイオマス(植物)エネルギーへの期待。産油国である中東(ペルシャ湾沿い諸国)からの輸送は狭いホルムズ海峡の治安が生命線となっている。石油は燃料のみならず、広範囲に使用されており、物価への影響も大きい。

原油価格



取り扱い品

鋼材 丸鋼 鋼管パイプ 鋼板(薄板・厚板・敷板) フラットバー C型チャンネル H鋼 アングル 溝型鋼 異型パイプ 線材 レール Iビーム 異型丸棒 ガス管 山形鋼 パンチングメタル 薄板平鋼 インゴット スリットコイル 建築資材 木材 サイディング フェンス 屋根材 グレーチング ガードレール マンホール 床板 塩ビ管 石材 建設足場 ラス アルミ押出材 金型 エクステリア ガーデニング品 スクリーン 健康器具 通信ケーブル 通信管 避雷針 絨毯 太陽光パネル 一般雑貨 自動車部品 長尺モノ 長物 長もの パレット物 重量物 路線便では割高になる個数物 クレーン降しの商品 2t車以下の少量

混載の集荷・配送エリア

北海道地区:北海道
東北地区: 福島県 宮城県 
関東地区: 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 群馬県 栃木県
中部地区: 静岡県 愛知県 岐阜県 山梨県 長野県
近畿地区: 大阪府 京都府 滋賀県 兵庫県  和歌山県 三重県 奈良県 
中国地区: 岡山県 広島県
四国地区: 徳島県 香川県
九州地区: 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県