小口配送、クロスドッキング、長距離輸送Sohgo-TruckSohgo-Truckサービス会社紹介ネットワークお問合せ

タグ:総合トラック

トップ » タグ:総合トラック

洗車

[05.07.02]

担当が乗り変わりの為、大型車の洗車を行う。運転台から開始、車から取り出せるものは全て車外に出し、数種類の洗剤を使い分け、雑巾がけ。運転席周りのパネルは「つまようじ」と歯ブラシを使い汚れをかき出す。乗用車と違い大作りなので拭き易いが、拭いても拭いてもまだまだ拭く部分がある。運転台だけ二人で洗っても、二時間あっという間に経過。次は足回り。黒く塗装された足回り、腰をかがめながら洗車ブラシをすき間から差し込んで洗う。梅雨の最中でだいぶ泥が跳ね上がっており苦戦、月曜日が雨だとこの努力は全て無駄になるかなと余計なことも考える。一周まわると20メーター、足腰がふらつく。足回りはトラックを綺麗に見せるポイント、特にシャーシ部分が綺麗だと、上部が多少汚れていても綺麗に見える。キャビンは家庭用洗剤を使って、「どこか、かゆい所ないですか」と聞きながらシャンプー、ここまでくるとトラックも気持ち良さそうに見える。水で綺麗に流し、そして仕上げにワックス。 男前になりました。 フー。

 
(写真: コックピット内は収納部分が多く、快適な空間。)

洗車

ドライバーS君

[05.06.04]

ドライバーS君は俳優だったら間違いなく悪役、顔が怖く、無口。外見とは正反対に、気持ちはやさしく、自分を不利にしてもお客様や仲間を優先に考え行動する。S君の配達は、不思議と早い。例えば朝8時からに荷受するお客様でも、彼が数回行き始めると、6時にでも降ろしてもらえるようになる、こんなことが頻繁にあり兎に角不思議。道路の情報量も圧倒的に多く、渋滞日でも普段と同じ時間に帰ってくる正にプロ。当然、お客様からの評価は高い。ただ無口で自己主張しないので、「らしい」とか「不思議」としか説明できないのが残念。

ドライバーS君

トラックカラー

[05.05.29]

営業トラックのカラーリングは一般的には明るい色使いで、ラインが入っているケ-スも多い。わが社のカラーリングはグレー一色で、暗いイメージである。
 
総合トラックの前進は、私の父の経営していた(現在は兄)梶哲商店にある。海軍出身の父は、軍艦のグレーが気に入っており、トラックもその色にした。何度か明るい色への変更を願いでたが全く受け入れられなかった。
 
軍隊の規律が好きな父は、ヘルメットもグレーにして着用にもこだわった。現場でヘルメットを着用しない数人の運転手といつヘルメットをかぶるのかを議論したことがある。トラックを降りる時か、地面に足を付く瞬間か、作業に取り掛かる時か。どれも曖昧になりかけた時期、父の独断で就業時間中(運転中も含め)ヘルメットをかぶる事を全員に義務つけ、その規則は20年間続いた。
 
ヘルメットをかぶった顔しか見た事がないので、職場以外で会って誰かわからないことも度々あった。その規則は、総合トラック時代になってから廃止された。
 
父が指定した色は、トラック購入時にいつもと同じ色でと言うだけで大雑把な管理だったが、先日横須賀で軍艦三笠を見た際現在の弊社のカラーと全く同じで、ある意味ホッとした。

 
(写真2: 軍艦三笠)

トラックカラートラックカラー

嬉しい話

[05.05.20]

総合トラックの20年前からお取引のお客様から電話をいただき、小倉がお伺いして打合せさせていただく。その中で、弊社のホームページがメタル便にリンクされていることから、弊社がメタル便に関わっている事を知り驚いたと言う。
 
振り返ってみれば、メタル便サイドからは総合トラックのことは余り触れていないのでその関係は理解はされてないと思う。メタル便の機能を絡めてお話に展開していったようだ。

嬉しい話

ムービ-作成への想い

[05.05.11]

学生から社会人になって父親の経営する鋼材販売の会社に入社した時、現場で働く人がとにかくカッコ良く見えた。汚れた作業着、油だらけの手、汗、一日の仕事を終えた後の充実した顔・・・。その時感じた「職業、職種に貴賎はあるが、上下はない」、30年経った今もこれは私の変わらぬ人生観かもしれない。弱い者に付入る商売や、人の汗を流したを踏みにじるような商売は、私は賎しいと思う。でも多くの仕事は貴いもの。物流業界は必ず現場があり、多くの働く人が体を動かし、汗を流し、睡眠と戦い、時間と戦っている。総合トラックのホームページのTOPの左写真隅をクリックすると動き出す動画に、そんな働く人の姿を少しでも表現したかった。

ムービ-作成への想い

ムービー完成

[05.05.09]

定家君に依頼し、待ちに待った総合トラックのホームページの動画がついに完成し一般公開に先駆け見る。働く人の姿を適確にとらえた感性良し、アングル良し、スピード感良し。作業するスタッフの真剣な視線が印象的だ。ホームページへのアップは明日には出来そうだ。

ムービー完成

工具整理

[05.05.06]

浦安事業所の2日に引き続き、6・7日と整地作業。本社とメタル便の移転でだいぶ工具や備品が雑然となっていたので、合わせて整理整頓もおこなう。いらない物や重複している物を選り分ける作業、買うと高価だがとっておいてもめったに使わない物などその判断が難しい。新規にラックも組み立て、商品の保管レイアウトも決めていく。

 
(写真: 中古作業着の洗濯も。鯉のぼりを連想させる。)

工具整理

スウェ-デンの環境問題視察(1)

[05.05.04]

数年前に取引先である日本ボルボ社にお願いして、ボルボトラック社の環境への取組みをイヨテボリ本社で特別にレクチャーしてもらった。環境専門のスタッフが熱心にデータを説明する中、単純な疑問が頭を離れなかった。折角北欧まで来て疑問のまま日本に帰れない。恥を覚悟で「何でそんなにも熱心に環境問題に取り組むのですか?」と聞いてみた。馬鹿げた質問だったが、答えは明快「ユーザーである運送会社が環境にやさしいトラックでないと購入してくれないからだよ」加えて「環境は我々個人に降りかかってくる問題。だから解決のために会社がコストを掛けることは当たり前だと認識している」。恥ずかしくも国民性や価値観の違いを体感した一瞬だった。私のレベルの低さを知ってくれた後は、先方もより親しみをもって丁寧に説明してくれた。

スウェ-デンの環境問題視察(1)

紙のリサイクルフロー

[05.05.03]

各事業所でファックスやプリンターで使用した紙は、本社に持ってきて裏紙面を利用する。オーダーミスを防ぐため事業所では裏面は使用しない。本社でプリンターでの元帳打出しや、コピーに使われる。そこで使用が終わった紙は(複写紙等は排除し)、ライトバンでお取引先の製紙メーカーに直接持ち込む。現在は、表面の発生と裏面の利用は均衡しており効率は良い。以前にイエローハットの本社を見学させていただいたことがあるが、百人以上いる事務所から発生する可燃ゴミは、回収日でも45Lのゴミ袋一つ分も無かった様に記憶している。すごいレベルだった。

 
(写真: 事前に整備しておかないと、コピー機の紙つまりの原因となる。)

紙のリサイクルフロー

整地

[05.05.02]

連休のなか日を利用して、浦安事業所の整地作業を全員で行う。スコップ作業はかなりの重労働だったが、置き場が少づつ整備され快適になっていくのは格別の喜び。

整地



取り扱い品

鋼材 丸鋼 鋼管パイプ 鋼板(薄板・厚板・敷板) フラットバー C型チャンネル H鋼 アングル 溝型鋼 異型パイプ 線材 レール Iビーム 異型丸棒 ガス管 山形鋼 パンチングメタル 薄板平鋼 インゴット スリットコイル 建築資材 木材 サイディング フェンス 屋根材 グレーチング ガードレール マンホール 床板 塩ビ管 石材 建設足場 ラス アルミ押出材 金型 エクステリア ガーデニング品 スクリーン 健康器具 通信ケーブル 通信管 避雷針 絨毯 太陽光パネル 一般雑貨 自動車部品 長尺モノ 長物 長もの パレット物 重量物 路線便では割高になる個数物 クレーン降しの商品 2t車以下の少量

混載の集荷・配送エリア

北海道地区:北海道
東北地区: 福島県 宮城県 
関東地区: 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 群馬県 栃木県
中部地区: 静岡県 愛知県 岐阜県 山梨県 長野県
近畿地区: 大阪府 京都府 滋賀県 兵庫県  和歌山県 三重県 奈良県 
中国地区: 岡山県 広島県
四国地区: 徳島県 香川県
九州地区: 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県